名刺の受け渡し作法

1.片手で名刺を出します。

2.相手様の名刺を両手で受け取ります。

3.ふりがなを読み、相手様の名前をチェックいたします。

4.ふりがながない場合は、名前の読み方など、
 わからないことはその場で確認します。

名刺の書き方

1.名刺でイメージを与えよう
 名刺をお渡しするということは、相手様に初めて印象を与える
 ことです。良い印象と同時に、覚えてもらうことが大切です。
 名前や場所はもちろん、印象に残る名刺として、こだわりの部分
 を表現することも大切です。

2.キャツチフレーズを入れよう
 自分の会社のキャッチフレーズや簡単なアピール文を入れること
 により、一層印象が与えることができます。

3.よく使う、または使ってほしい連絡方法を強調しよう
 単調に表しても、どこが大切なのかわかりにくいもの。
 すぐに気づいてもらえることが、相手様にとっても親切な
 気配りとなります。

4.できるだけ見やすい大きさ・文字は濃い色を使おう
 初めて出会う方は、年齢もさまざま。
 どんな方にも誰にでも見やすくてわかりやすい大きさを
 おすすめいたします。

5.来てもらうなら地図を記載しよう
 改めてまたお会いすることが多い方は、予め地図を記載して
 おくと便利です。

6.似顔絵か顔写真を入れよう
 やはり、一度お会いした限りでは、顔は覚えにくいものです。
 自分の特徴を表す方法として、似顔絵・顔写真名刺は
 おすすめです。ぜひ、当店の似顔絵名刺をご利用ください。

7.名刺の裏も使おう
 良くしっていただくには、裏側の気配りも大切なことです。